« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月30日 (水)

第8話 「すきまカゼ」

今回のちょこッとSister、さやかさん、先週に続いてのご登板ですね。番組開始当初は一言二言の出番で見るのやめようかなと思った(でも作品自体はなかなかの出来です)けど、ようやくおいしい話での出番ですよ。しかも居酒屋のシーンから出てくるなんてスタッフ、中の人のことよくご存知で。(ヲイ)
酔っ払った演技、というか素そのものといった方がよいかな。余裕を感じさせる演技でした。

でも次回で出番終了になるのかな。

ストーリーの方、少し教訓じみた内容でしたが、どちらの愛を優先するか主の心の葛藤が少しでて、感心しました。もう少しさらっとしてしまうのかなを思ってましたから。

ちょっと原作を読んで見たくなってきた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

断水中のはずが

先週の海田の送水トンネル陥落事故で、同じ市内にある某製紙会社や某鉄鋼会社が操業一時停止の憂き目にあっているのに、うちの会社、今日も平日と変わりなく操業しました。 まあ、市内全域が断水になっているわけではないのですけどね。

うちの職場でいえば、断水の被害に遭っているのが半数近くいまして、一昨日から水の確保にてんやわんやしているそうです。
江田島とかは高台に結構高齢の方が住んでいるみたいなのでボランティアを繰出すみたいだとか。

ただ、帰り際に業務課長と職長連中が会議室に集まっていたので明日から何かあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

久々の風呂哲州ライヴ

明日の大阪イベントがぽしゃり、出勤を日曜と入れ替えたので、まる一日フリーとなってしまった土曜日。何しようか迷いましたが、2年振りに地元で活躍中のミュージシャン、風呂哲州君のライヴを見に行くことにしました。場所はなつかしの『ぶら~っと』。2年前にトヨタに出稼ぎに行くまで喫茶店の活性化としてイベントを企画、運営していたところです。

風呂君ともその頃以来になりますか。広島に帰ってきてからは見に行く機会がなかった事はないのですけどね。メンバーは当時からご一緒だったきくちレイコさんに加え、ギターの大畑つとむさん、パーカッションにエリック玉置さんと、なかなか豪華なメンバーになってました。

構成は始めに2曲歌い、バックのメンバーがソロで数曲ずつ、残り40分を風呂君のステージ、計1時間半の内容でした。

バックの初めてお聞きするお二人、なかなかの腕前で風呂君、よいメンバーにめぐり合いましたね。編曲も年配の方に優しい音域で、低音ズンズン響かせない、心地よいアレンジでした。

それと風呂君、結婚されてから歌に余裕、というか拡がりが出てきましたね。前は割と尖がった一本気な歌い方していた(いまもそうですが、)けどフラットな音程に味が出てきたように感じました。その余裕(本人否定するかもしれません)が歌に安心を感じさせます。

下手に売り込もうと、小細工せずに今のフィーリングを歌で今後も表現していって欲しいなと思った、久々のライヴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

納涼祭

今日は定時終了後、工場敷地内にて納涼祭がおこなわれました。
自分は昼から労災申請の提出で早退し、祭りがはじまるまで市内の漫画喫茶にて時間をつぶしていたのですが、3時頃から雷雨となったようで、普段より結構涼しかったですね。
とはいえ、シートが引いてある地べたに座ると結構暖かい。ビールを置くとすぐぬるくなります。ほとんどイスに座って同僚と歓談してました。

祭りのラストに抽選があり、昨年は旅行券をゲットしたのですが、今回はまったくでした。かなり時間がかかってしまい、途中寝てしまいました。まあ、疲れが溜っていましたからね。
ビール4杯でダウンするなんてもう歳かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惟任日向氏逝く

先ほどBBSを巡回していたら、惟任日向こと猪原直衛氏の訃報を知りました。

彼とは昨年、三次のイベントの運営の相談を受けたことから知り合い、数回お会いしただけでしたが、地元でおおっぴらにオタ話出来る数少ない知人の一人でした。

謹んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

電車に間に合わなかったので

駅から引き返し、事故以来初めてスクーターで通勤しました。といっても社内乗り入れ謹慎中なので呉駅の駐輪場まで。
昼から予報通り雨になりましたが、敢えて残業して時間を待ち、上がったのを見計らって帰宅しました。

スクーターだと全然楽なのですけどね。荒い路面を通ると完治していない健康骨の骨折箇所に響きます。しかも今日は重量物を左手で持ったときの反動が右に伝わり、いま痛い思いをしています。
いやいや、無理して残って仕事するんじゃなかった。

ということで、日曜日の大阪イベント落選したので代わりに福山(潤じゃないよ)にスクーターで行こうと思ってましたが、完治するまではそれによる遠出を控えることにします。あ~ぁ、痛てぇ。

追記:風呂に入って気づいたのですが、こりゃ骨じゃなくて筋肉痛ですな。ストレッチで痛みますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

xxxHOLiC 第20話 「アガナイ」

8月31日放送予定でしたが、今日参加したTBSアニメフェスタで先行上映したので忘れないうちに感想を。

久々の救われない話でしたね。大川さんの脚本ですか。シリアスな面が多くお茶目なシーンが生きてなかったように感じました。またまたあの部屋での時計の刻む音、雰囲気で手良いですね。早い回から採用すれば良かったのに。
マルとモロ、場面によって顔が笑ってしまうようなデッサンに。たまに侑子さんもなったりしますが、まさかわざとやっていたりして。そうだったらオイラもうそのギャグについていけないや。
四月一日がたたみの上を歩くシーン。半畳(3畳だったかも)歩くのにあの足の長さで7歩もかかるとは。ハッ、もしかしてこれもギャグなのか。
ラストをもっと救われない様にしたら反発受けますかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

慣らし中

8日に取りに行ったスズキアドレスV125G。今日、市内に出るのに慣らしがてら、少し走らせました。

前のV125無印に比べて少し低回転でのトルクを感じました。フルスロットルしてないのに力強さを感じます。その分、ブレーキの効きが甘く、止めるのに慎重になりましたね。前回は急制動かけて慣らしたのですが、今回はまだ骨折部分が痛むので、ブレーキに関しては無理せず徐々に慣らしていこうと思います。

今のところ、シートのロックが掛かりにくい(台湾製だからか)のと、ガソリンの減りが早いのが気になったところですか。イモビライザー解除も慣れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

xxxHOLiC 第19話 「リフジン」

久々に楽しめた回でした。背景も手抜きと思えるようなところもありましたが、情景やカット割りに見事なシーンもありました。
ストーリーはまたまた原作をアレンジした物ですね。登場人物も前回同様、扱いがうまい。みごと脚本と演出の勝利です。おじさん世代の自分は小ネタやられてしまいました。このような物語があいだにあるから、作品にメリハリがあり、原作との違いを見せつけてくれるのね。
これくらいの作品への思い入れが途切れることなくあれば、中盤のだらだらした展開を感じることなかったのにね。

さあ、残り回数も僅か。フィニッシュまでどう料理してくれるか楽しみです。

次回 「アガナイ」 あなたのネガイ、叶えましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

リハビリ中ですが色々ありました

あさってから出勤するためにリハビリしているわけですが、病院での治療とは別に体力回復と限界点を見極めるために土曜日からちょこちょこ外出していました。

土曜は午前中、警察署に出向き、現場検証と調書の作成をしました。事故後、初めて現場に行ったのですが、まぁなんて思い違いしていること。前回の事故に比べて当時の記憶があいまいだったのがよく判りました。あれなら自分の過失であったのがよく判ります。点数と罰金は覚悟しますです。
思ったより早く終わったので市内に出向き、銀行で今月分をおろしたあと、アニメイトとフタバ図書に寄ってみました。某所で壊滅していた某DVDの限定版、広島ではまだ置いてある。買おうかと思ったのですが、それよりもARIAを優先した方がと思い、我慢我慢。予定では20日東京、27日大阪と遠征しますからね。それにあの絵本も未入手。友人からお誘いのTELが入ったので、バイク屋に向かう事としました。
実際、同じ物にするか、カブ90にするか迷っていたのですけどね。実用一本槍なものよりちょっとしたユーティリティに優れているスクーター、しかも慣れていますからね、結局同じ車種にしました。

日曜は午前中、妹が買い物に行くというので、事故の相手さんに挨拶いく手土産を買っとかないとと思い、ついて行きました。ついでに靴や通勤用の鞄を見てみることに。当分電車通勤するのですが、適当なものないですねえ。これらは火曜に再度見に行くことにしました。
夕方、相手さんの自宅へ伺ったのですが、ご主人、出張でまだ帰ってないとの事。2ヶ月を2週間と勘違いしていました。それでも奥さん相手に平謝り。迷惑かけたことより怪我の事を心配してくれていたのが心苦しかったです。うん、もっと素直になろう。

で、今日は午前中、通院してリハビリのあと、またまた市内へ。まず、20日のチケットを発券。土曜日IDの書き間違いであたふたしていたのがウソのように簡単に手続き終了。う~ん、こんなことで手間取るなんて年とったなぁ。その足で新幹線の切符の予約。予定していた帰りの列車が満席だったので20分早く出るのぞみに変更。そう、いま夏休みなんですよねえ。のぞみ早特キップで予約が取れなかったのは初めてでした。
バスの時間に少し余裕があったので書店に寄り、某絵本をようやく入手しました。帰宅してすぐ聴こうと思ったのですが、これは弟の娘に送ることに。保存用は後日そろえましょう。閣下も笑顔でお許しになるはず・・・

昨日、デスクトップを最終兵器彼女の壁紙に変えたのですが、たまたまProductionI.G.さんのHPを訪問したらxxxHOLiCの書き下ろし壁紙が。7月限定みたいなので早く気づいてよかった。即それに替えました。5月限定の壁紙はシャーポンに使っています。これで3機種ともホリックの異なる壁紙になりましたよ。某氏、なんかくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

xxxHOLiC 第18話 「ホウズキ」

百鬼夜行って昨年、わたくし、体験したのですが・・・             三次で(違)

原作から少しアレンジしていますね。行進のシーンのカラーリング、チャレンジしていますねえ。BS-iやDVDのワイド画面の方がよりマッチした構図になっていると思います。自分的には好感をもった色使いでした。
Bパートで原作に出ない方々が出てますが、全体の流れから見ても不自然さは見られない。あっちの世界では有名なはずなのに物怪には無名なのですね、四月一日くん。
えっ、樹の声はメーテル!!!少しお年を召されたようですが。ここでご出演とはびっくりでした。作画はアレですが声優陣にはちから入れてますねぇ。

ラストのシーン、深夜12時を過ぎているのに三日月が出ているとは・・・

次回 ホリック 「リフジン」 あなたのネガイ 叶えましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

退院しました

予定通り、本日夕方退院しました。

まだ肋骨のひびに痛みが走りますが、今回の事故、私の方に非があるわけですし、当分自宅にて大人しくしています。

といいつつ、某氏に頂いた折笠富美子さんのオリジナルカレンダーを8月に代え、届いたばかりのARIA特製目覚まし時計をセットしつつ、お休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後輩君、お疲れ様でした

現在大阪で行なわれている全国高校総体陸上競技男子混成8種に出場した基町高校後輩のU木君、自己記録更新で出場32人中13位、おめでとう&お疲れ様でした。

初日、記録が伸びずドキドキしていましたが、2日目ラスト2種目の頑張り、見事でしたよ。

本来なら2日とも現地で応援するはずだったのですが、ベットの上からでは歯がゆかったなぁ。

中国大会のビデオ、早く編集して渡さないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

入院38日目

いつのまにか入院生活も38日目を数えました。途中経過を書くまでもなく順調に回復、リハビリしてきたのですが、今日の主治医の問診で退院の話になりました。レントゲンを見ながら話をしたのですが、鎖骨の結合は順調。肋骨や脇の下の骨がまだまだですが、痛みがなければ退院しても良いとのこと。
明日の院長回診でOKが出れば晴れて出所^h^h^h^h 退院の運びとなります。いやぁ~、長かった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ふと、思い出した

今日の楽画喜堂さんの所の記事にあった"走行中に車が炎上!~"の記事。昔、自分が勤務していたディーラーの扱い車種でもありました。
その時は走行中ではなく、なんと警察署の駐車場に止めていたものでした。
確か、発売開始から数ヶ月しか経ってなかったかな。原因はエンジン付近の燃料パイプから洩れてエンジン熱で着火、炎上だったと思います。後日、全車無償修理を行なったのは言うまでもありません。

その車ですが、他ディーラーの試乗車であった為、対応は穏便に済んだみたいです。セールスが車庫証明の足代わりに使ったみたいで、後で怒られただろうなあ。

また思い出した。30年くらい前に千葉でプロゴルファの青木功氏のフェラーリが走行中に炎上した記事を見たことを。あれは512BBだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »