« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

「二十四時間の情事」

昨日の疲れが出できて、21時過ぎから寝てしまい、風呂に入るが為に起きたついで、NHK-BSで放送中の「二十四時間の情事」を録画していますが、見ています。
趣味に入れないくらい映画を見ることがないのですが、この作品、実は3年前に知人が鷹野橋のサロンシネマで上映した際に知りまして、原題は「ヒロシマモナムール」。そう、私が生まれる前の広島の街が撮影の舞台となった作品でした。

内容は他で調べてもらうとして(^_^;)、被爆から十数年が過ぎ、徐々に町並みが揃いだしたヒロシマの街を映し出しているので、地元民としては感深いものがあります。当時、かなりの市民が撮影に協力されたとか。上映会に参加された方々には忘却の彼方のことでしょう。
ヒロインが滞在したホテルはもう実在していないし、その横に見える平和記念資料館は完成したばかり。公園内の慰霊碑はありますが、原爆ドームを隔てた市民球場が見えません。喫茶店もどこにあったのか判らないです。が、映し出される当時の景色は白黒ながらスクリーンから強く印象つけられたものでした。恋愛については・・・

DVDが出ているのですが、あの時は失業中で手を出しませんでした。ただ、豊田市図書館の映像ライブラリーにあったのはびっくりしたなぁ。

撮影セットに親父が好んで吸っていた「いこい」がたまに出てくるのがにくいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

青学祭への道程

Img019 先週の幕張行けずの鬱憤を晴らすべく、母校への凱旋イベントとなる大原さやかトークライブイベント in 青山学院2006に参加してきました。

出発の前日は休日出勤の日だったのですが、14時までに仕事を済ませ、東広島で行なわれた高校記録会へ後輩の記録を取りに向かい、18時過ぎに帰宅。メジャー2nd(再)とツバサ・クロニクルを見つつ、支度をして19時30分に家を出、20時の夜行バスに乗り込みました。
バス内でウイスキーを飲み、早々に就寝。以前は1時間半毎に起きていたのですが、今回は福山SAの休憩で起きたくらいで、5時過ぎまでよく眠れました。
6時半に東京駅に到着。少し休んで青山学院大に着いたのは7時30分。驚いたことに300人くらいの列が出来てました。少しやばいかなと思ってましたが、前に並んでいた顔見知りがこの列は小出恵介氏の列のものだと確認。すぐに正門前に移動しました。
Simg020 8時の開門と同時に9号館へ直行。先ほどの顔見知りの集団の次、10番目にいました。
9時の整理券配布時には84名。なんとか席は埋まりそうですが、某管理人の到着が11時半らしいので席を確保できないか関係者に相談。定員に達した場合、関係者席に入れるとの返事。さすが公認HP管理人への配慮ですね。

整理券を貰った後、友人たちと近くのサテンで遅めの朝食。11時半に別行動を取りました。今回の裏の目的となった故岡田有希子さんのマンションを見るためです。大学から近くにあったので割と簡単に辿り着けました。といっても部屋には住人がいますからね。不審者と思われる前に早々に退散しました。お墓と違い、もう行くこともないでしょうが機会が出来て少しすっきりしました。

大学に戻り、開場まで少し構内を見ることに。ふと、平々亭青馬君を思い出し、落語研究会の青山亭へ。古典落語のイメージが強いのか、彼らのしゃべりの速さについて行けず、2人目で退散。深夜亭夜楽君は掴みはいまいちでしたが、ラストの閉め方がなかなかでした。

学生食堂で昼食を取り、7号館前でちょっとディアボロを拝見。混雑している並木道を避け、9号館へ。1階では13時より佐伯チズ氏の講演会が。先日、某TVにて波乱の半生を見ましたので、聴講したかったのですが、時間が許さず2階へ。再び友人たちと開演まで談笑しつつ、テラスで待ったりしてました。

定刻にイベント開始、学生イベントだけあって少しトラブルありましたが、堪能した70分でした。最後に握手会を行なったさやかさんの配慮に感激です。その場で誰かに進呈しよう思っていた先月の発表会のDVDを渡してしまいました。シロート撮影で申し訳ないですが、見てくれるといいな。

1階で大原省の職員たちと軽い談笑の後、東京駅へ。先月の失敗を繰り返さないよう、時間に余裕を持ちつつ仲間内で打ち上げしました。気心知れた仲間と酒の席を一緒にする、いいですね。しかも先月に続いて肴が旨い。当分このようなイベントがない、というか参加できないかも知れませんが、また皆と酔い想いをしたいです。

お土産ありがとう。H氏、T氏。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月25日 (水)

「おばけ桜の下で」

20061025014312 先週に引き続き、今週も起きて見ました花田少年史。
いやぁ、さやかさん、若い! 16歳という設定もあるでしょうが、初々しさと少しの恥じらいが出ているのがストーリーと重なって胸キュンものです。初々しさは「はぴねす!」で弟さんに感じたばかりですが、やっぱ、いいよねぇ。いまもあの演技をやってくださいといえば、出来るでしょうけど、あの頃の感性はその時でないと表現できないでしょうからねぇ。レイラさんをする前のキャラの声ってある意味貴重だと思います。

当時、某UGサイト経由で見ること出来たのに、その時何でみなかったのか、非常に悔やまれますね。

う~ん、DVD欲しくなってきた。

とりあえず、広島テレビさん、放映ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

第24回レディース陸上

と言うことで参加しました。今回は風力測定でなく、久々の跳躍審判。その名の通り、メインは女性で構成しているので、棒高跳びに廻されるのではないかと予想していましたが、ずばりでした。しかもタイマー係。午前のジュニアの部、午後の16歳以上の部と30分の昼食休憩を挟んでの担当でした。

残念ながら、両部門とも天候の割に記録が低調で、試技時間も思ったほどではなかったです。国体男子の7時間並みと覚悟していたのですかねぇ。

で、担当部署ですが、ジュニアで残り3人になった時の試技時間を2分に変更せずに続行。観客席のコーチから指摘を受けると言う失態を演じました。これは自分がプログラムに記入せず、残り人数を把握していなかった為に起こったことです。午後の部では記録していたので、間違いは起こしませんでした。ハンドブック持込で事前に確認していたのですが。公正に競技を進行させるためにも、どのような部門に配置されても対応できるスキルをまだまだ身に付けたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

TVA「xxxHOLiC」 ありがとうございました

Holictv_banner02_400080_5

 

 

 

当ブログではTBS系列にて放映されていました大原さやか主演TVアニメーション「xxxHOLiC」を推薦、応援していました。

放送局と時間は

TBS    終了しました
MBS    終了しました
CBC    終了しました
HBC    終了しました
RKB    終了しました
TBC    終了しました
BS-i    終了しました
キッズステーション  終了しました

原作はCLAMP(週刊ヤングマガジン連載中)、制作はProduction I.G 全24話
キャストは劇場版と同じ大原さやかさん、福山潤さん、中井和哉さん、菊池美香さん、伊藤静さん。

監督は劇場版クレヨンしんちゃんの水島努氏。OP曲はスガシカオさん「19才」。新EDはBUCK-TICKで「蜉蝣-かげろう-」。
DVDが好評発売中です。

みなさんもどうぞ<アヤカシ>の世界へ。

「あなたのネガイ、叶えましょう」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

献血58回目

昨年に続いて今年も社内で行なわれた献血に参加しました。今回も400ml採血です。なんでも血液不足が深刻化しているとか。以前は年2回以上行ってたのに、最近は足が遠くなってしまってます。某省声務次官殿のように10年ちょっとで140回以上もされている方とかは賞賛してしまいますね。

さて、この10月から献血カードが変更になりました。某同志の日記で変更を知り、どんなものかと期待してましたが、これ、手続き業務のOA促進のためといっていいでしょうか。表のデザインは変わってないですが、なんか優越感が持てないようでちょっとなぁ・・・

カードの変更と言えば、アニメイトもリザーブカードとポイントカードの統一で変更の申込書をもらったっけ。各店舗ごとだったリザーブカードが統一されたのは便利ですね。次、HOLiC買いに行く時は手続きを忘れないようにしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

ウルトラマン伝説展

Img013 午前中に病院に診察を受けたあと、昼から寝ていたのですが、夕方まだ日が高かったので、広島県立美術館で昨日から開催されている「ウルトラマン伝説展」にいきました。

閉館50分に到着しましたが、充分な時間でした。

入り口前にはマックスで使用されたコックピットが展示。外から見ると手作り感がありますねぇ。

入ってすぐに円谷プロが所有している歴代の怪獣の一部を展示。放映では判りませんが、近くで見ると撮影での激しい動きのせいか、結構痛んでましたね。キングジョーが飾っていたのですが、これは昨年の撮影に使用されたものでした。頭部の作りなんか前作より洗練されていて少し興ざめでした。
ウルトラマンのディオラマを展示しているところなんか、地方巡業しているのだなと一人つっこみ。
科特隊のユニフォームがあったのですが、誰が来ていたのだろうか、パンツが短い気が・・・ ヘルメットや光線銃に出演者のサインがあり、毒蝮三太夫さんが旧名で書いているのに時代を感じます。
成田亨さんや高山良策さんの作品は前に雑誌等で見ていたのですが、やっぱり本物は印象が違います。初代やセブン、ウルトラQの台本を見ると熱くなってしまいますね。

ウルトラマン関係の資料は十数年前に買ったウルトラマン研究序説以外は捨ててしまったのはちょっと惜しかったな。

今後、上映会の日があるので都合が付けば従兄の子でも連れてまた見に行こうかと日程調整を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

「花さん」

Shana1_1 本放送に遅れること、3年10ヵ月。映画の公開に合わせて地元広島で放送が始まった花田少年史もようやく大原さやかさんの出番と思いきや、このタイトル、次回への伏線なのね。
来週も頑張って起きてみるかな。

壮太役で桑島法子さんが出ていたなんて気づかなかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

10000HIT

昨日の晩、確認しなかったのですが、昨日昼前にカウンターを入れてから1万HITを記録していました。昨年12月1日からの累計ですが、一日平均30件強のアクセスですね。
毎日更新していないのにちょくちょくお見えになる方も居られ、いつもありがとうございます。

某SNSの日記も兼用しての運営ですが、力を分散しない様、「継続は力なり」の言葉を肝に銘じ、マイペースでやって行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

アニメと陸上の会合

本日は大学の同窓会と言うことで、今週は久々に休日出勤を取りやめ、昼までまったりしてました。

昼からは同窓会出席の前に散髪に。ご主人、午前中は病院へ行かれたとかでよいタイミングでした。ほとんどする事がないのですが、今日はそのまま市内に出るので洗髪もしました。マッサージが気もちいいっすねぇ。

昨年に続き広島城周辺で行なわれているフードフェスタに寄りましたが、惹きつけるものがないので早々に退散。テレビ撮影の為に会場内を移動していたアンガールズのを見たくらいで・・・

銀行でお金をおろした後、ビルの二階で先週より開設さている広島アニメーションセンターに寄りました。内容としては秀でるものもなく、学生キャラコンのアンケートを記入してこちらも早々に退散することにしたのですが、受付にてクリエーターズ・カフェ、残り30分ですがとうですか、と勧められ、時間も有るのでちょっと寄ってみることに。

今回の講師はよみうりテレビの諏訪道彦氏。名探偵コナンのプロデューサーなのですが、ラッキーなことに資料として10/23放送分を見ることが出来ました。さすが、名プロデューサー、一週間前にカンパケ持って来ている。某製作会社とは大違いです。
結界師については話は聞けませんでしたが、コナンについて次回からワイドサイズ対応にするが絵柄を14:9に合しているとか、ED、予告の挿入シーンとかの興味ある話が聞けました。最初から聞けなかったのが残念です。
来月は手塚眞氏が来るそうですが、多いだろうなぁ。高橋良輔氏はぜひとも拝聴したいねぇ。

大学の同窓会の後、陸上部のOBのみで二次会へ。世界トライアスロンクラス5位のの福元哲朗君は車で来たので不参加。オリンピック代表の松田亮君は途中参加。それにしても彼は大人しすぎるぞ。今回は20代がついて来てくれたので後半はエアコンが効かないほど大騒ぎに。いつもは上の世代と飲むので、久々に楽しめました。 アニソン歌いたかったけどこのメンバーじゃ引いてしまうだろうなぁ。

帰り、エレベーターを出ると見慣れた顔が。元会社の面々が入れ替わりに入るところでした。退社して以来ですがこれはびっくりしたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

今年の青学祭にて

今月28日よりおこなわれる青山学院大学 第56回青学祭の2日目に大原さやかさんのトークライブの開催が決定しました。

今回の情報源はmixiから。おっと、あと2週間じゃないですか。今のところ、スケジュールが組めません。というのも、その前日には広島ビックアーチでマリノス戦があり、指定席を確保。翌週は名古屋にて全日本大学駅伝応援を予定。仕事の方も毎週休日出勤要請が出ており、行くって断言できないのよ。

行くとなったら、大学祭での声優イベントは98年山口大学の長沢美樹さんトーク&ライブ以来となります。へえ~、もうそんなに経つのですか。なんとか、都合つけたいですな。
まずは明日の大学OB会にて駅伝の応援をパスして・・・

とりあえず、ムーンライトながらの指定席は確保しました。

追記 現在参加の方向で調整中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

納車2ヶ月

二代目スズキアドレス125G、走り出して2ヶ月経ちました。走行距離は1500km。先月半ばから通勤に使ってますので、前車なみに距離を走っています。

燃費は前と変わらず、36~37km/L。30kmくらいで出ていたギクシャク感がなくなりました。中速域のトルクは増えてますね。その分、高速域の加速の伸びがなく、最高速も前ほど出ません。みごと今の使用に適合したセッティングになってます。

まだ、右側の肩甲骨を庇って乗っているためか、30分も乗ると首筋が張ってきます。入院時に使用しなかった鎮痛消炎貼付剤が今になって大活躍です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

「羽王カオス」

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 第22話 「羽王カオス」、侑子さん、ワイン片手に優雅に登場と思いきや、なんだ、その顔。斜め右からパーンしているのに顔の中心で口が動くなんてよくOKしましたね、演出さん。少狼たちとの会話の時はまともになっていたけど、びっくりしたなあ、もう。

今回は「因果」ですか、難儀なことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

広島マスターズ陸上混成大会

一月ぶりの審判(風力計測)です。会場は先々週、高校生の応援に行った東広島。ここで審判するの2,3年ぶりですか。今日は補助員が付かないので、設置は一人で、片付けは主任と広大生ひとりで行ないました。久々なのでどこに何があるか忘れてました。特に電源コードのコネクターに困り果てました。いや、実際は風力計測器の箱の中にあったのですけどね。
会場が変わるといつもあたふたしてしまいます。

今日は跳躍の方を担当したのですが試合進行は出場者が少ないのでスムースに行きました。一人で計測、表示、記録するのも5年ぶりですね。

試合のほうで年配の方が頑張っているのを見ると血が騒ぎます。鎖骨のプレートが取れたらリハビリがてら、少し走るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER-(ネタばれ注意)

先月末からバンダイチャンネルにて「STAGE-3」の配信が始まったSTARGAZER。ようやく3話続けてみることが出来ました。ある程度予想はしていましたが、心が締め付けられそうになったラストシーン。SEEDにてSEEDにあらず、と言ったところでしょうか。TVシリーズのエッセンスを十分に活用していますが、全くもって前2作と噛み合うところがありません。キャラは所々に出てますが、時系列を合わせただけですね。独立した作品と言っていいでしょう。

前半にエドモンド、中盤にソル、終盤にスウェンとセレーネの絡みを主とするのはお約束ですね。担当された相手の声優さん方も実に個性的で、キャラクターが活き、見せ場をしっかり締めてくれるのがGOODです。しかも各パートごと、ストーリーが出来ています。特にスウェンとの会話、敵対しているのにあんなに自然に会話が出来る、ラクスが初めて足付きアークエンジェル内で会話したことを笑ってしまいますね。
まったくもってドラマを見ているようでした。いや、実写にてあのシーン、撮ってもいいよね。

スターゲイザー、実際の目的である火星以遠軌道宙域の探査・開発を主とした割に、初実戦投入にて強すぎる気がしましたがあんなもんでしょうか。二人が脱出した宙域、699時間かけて救助されるようなところにいたのも、よく判りませんでした。それにしても酸素の持続が27日ももつなんてねぇ。おっと、それが目的遂行の為の能力でしたか。

途中、お得意のカット割りだけでストーリーを進めるのに興ざめしましたが、大原さやかさんにとってかなりプラスになった作品ではないでしょうか。
もちろん、DVDは買いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

ザ・ソプラノズ1話みました

2000年12月にWOWOWにて放送された「ザ・ソプラノズ」。11月10日よりSuper! drama TVにて放送開始されます。それに先がけ昨日第1話の先行放送がありました。

どうしてこれを、と言うのがWOWOWで放送された際、長女のメドウ・ソプラノの吹替えを大原さやかさんが担当されているからです。なんと今回の放送、その吹替えのまま放送されるとか。11月が待ちきれずに昨日の放送を拝聴しました。

ネットサーフィンしつつ、聴いていたのですが、最初、どの役か判りませんでした。っていうか、声若すぎ。同じ時期にやっていた名探偵コナンとか比べても、初々しくてちょっと恥ずかしくなりそう。出番は多くありませんでしたが、一生懸命で直向きに役を演じている所なんか惚れ直してしまいますね。なんでこの頃知ることが出来なかったのか悔やまれます。

放送するSuper! drama TVですが、ここを見るのは旧Super-ch時代の「insideザ・ホワイトハウス」以来ですか。おっと、番組表を見るとスタートレックやスパイ大作戦とか放映しているじゃありませんか。
休みの日にはここを見るかな。

追記 寝る前にTVAのとなグラ!12話見ていたら香月ちゃんの答案用紙、100点取った(4)の答え、「木崎湖」。
スタッフにおねティ信者がいます?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

永遠の法みてきました

昨日の話ですが、映画「永遠の法」を見てきました。自分自身、幸福の科学には興味ないのですが、大原さやかさんがご出演ということで、公開初日の一幕目に行きました。
広島東映に通じるエレベーターの前に黒服の男性が二人いるのに少しびびりましたが、一緒に8階へ。開始20分前に入ったのですが、その時点で入りは3割程度。後ろから4列目の右端に席を取りました。開始直前に8割を超えるくらいになりましたが、客層が・・・
自分より年上の会員と思える方が主で、同年代は少なく、子供が結構目立ちました。

作品の方、ヒロインを担当されていたので、結構台詞がありました。ただ、見に行く前にスターゲイザーの3話をみてしまい、その出来に感動していった為か、なんか無難に済ませたなという気がしました。その安心感は好きなのですけどね。侑子さんや初音さんLOVEの方は物足りなさを感じるでしょう。

作画の方は並な作りでしたが、天上界やアクションシーンはCGバリバリに駆使して結構見ごたえありました。予算が合えば実写でも可能でしょうね。

11月に広島バルト11で上映するのでレイトショーがあればまたいって見るかな。

PS : mixiの方で会員の方に助言を受けたのですが、この作品、一般向けにDVDの発売はないでしょう、とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »