« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

みんなのライトノベルコンテスト プレスリリース(転載)

前にも少し書きましたが、「広島アニメーションをつくる」というコミニュティに顔を突っ込んでいます。
当初の企画からアニメ化の可能性が急に高くなり、びっくりしてます。
詳細が11月14日にプレスリリースされましたので、こちらにも転載します。

-------------------------------

【コンテスト概要】
●アニメ・TVドラマ・映画の原作となる、「ライトノベル」を公募します。
●「広島・瀬戸内海・中国地方」をテーマ・舞台とする作品部門と、フリー部門の2部門を募集します。

【事業体制】
●主催:広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金
●特別協力:広島国際学院大学・代々木アニメーション学院
●後援:広島市・広島市文化財団・東映アニメーション・中国放送
(以下申請中)日本動画協会・広島県・ひろしま文化振興財団

【応募規定】
●ビジュアルが付くことを意識したエンターテイメント小説であること。ファンタジー・ミステリー・恋愛・SFなど、ジャンルは不問。
●商業的に未発表作品であること。同人誌・個人ウェブ上での作品掲載は可とする。

【応募方法】
●テキスト形式(横書き):41字×34行×15枚以上~125枚以下
●電子媒体(CD-ROM)および、作品をA4用紙に印刷したものを指定住所まで送付
●応募締切:2008年2月29日(金) 当日消印有効

【審査方法】
●1次選考
①2008年1月11日(金)より、広島アニメーションシティ(http://www.hac.or.jp/)内に、「みんなのライトノベル」コーナーをオープン。作品の閲覧を開始する。
②2008年3月1日(日)より、サイト上にて人気投票を開始。3月14日(金)人気投票締切。
③2008年3月3日(月)~14日(金)、基金選定の審査員により、1次審査を開始。
④「広島・瀬戸内海・中国地方」をテーマ・舞台とする作品部門と、フリー部門の2部門にて、各5作品、計10作品の1次選考通過作品を決定。
●2次選考
①2008年3月16日(日)、広島国際学院大学立町キャンパスにて、当コンテストの関連イベント「広島アニメーションをつくる!(仮)」を開催し、アニメーション制作関係者などを招き、1次選考通過作品の講評等を行う。
②当イベントを踏まえて、1次選考通過の10作品の内から、最優秀賞(1本)、優秀賞(2本)、読者賞(1本)を決定。
③2008年3月下旬「東京国際アニメフェア2008」にて記者会見を開催し、審査結果を発表。

【賞金】
●賞金総額50万円
●優秀賞:賞金25万円×1本、優秀賞:賞金10万円×2本、読者賞:賞金5万円×1本
※審査の結果により、金額、本数等が変更になることがあります。

【郵送先およびお問合わせ先】
●有限責任中間法人広島経済同友会アニメーションビエンナーレ基金
〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町1丁目2-22 広電ビル4F
[ウェブサイト] http://www.hac.or.jp/
[メールアドレス] momo@hiroshima-animation-biennale.jp

【小説閲覧・投稿サイト「みんなのライトノベル」開設】
●ビエンナーレ基金が運営するウェブサイト、「広島アニメーションシティ」内に、ライトノベルの投稿・閲覧が可能な、「みんなのライトノベル」コーナーを実装する。
●運用開始は、2008年1月11日(金)を予定している。
●基本機能
①小説作品を、章・段落毎に投稿・表示できる。
②小説作品に対して、読者からの感想をコメントとして投稿できる。
③作品に対して、人気投票を行うことができる。
④PC・携帯電話の双方から、閲覧・投稿可能にする。
⑤投稿者の著作権を保護するため、掲載作品は、ストリーミング配信とし、コピー不可とする。

【SETOプロジェクト(Search for E-Tales and Oral-stories Project)】
●概要・経緯
①広島・瀬戸内海・中国地方の各地に偏在する「文化資源」としての「物語(エピソード)」、すなわち地域の歴史・地理・人物・産業・民話・建築物・商品、その他個人レベルのエピソード等を、WEB2.0(集合知)の仕組みを活用して発掘。「アニメ・映画・小説・ドラマ等の物語をつくるとしたら」「私の町にはこんな面白い話がある」という視点で、エピソードを集積してゆく取り組み。
②2007年7月より、大手SNSサイト「mixi」上にて、「広島アニメーションをくつる!」というコミュニティを立ち上げ、登録者のみによるクローズの形態で、実験的に物語の収集を開始。
③現在、宮島・下蒲刈島・倉橋島・備前市・大阪市などに関連した投稿があり、一つのエピソードが次のエピソードを誘発する、という状態になっている。
④2007年11月15日(木)より、「広島アニメーションをつくる!」というブログ上に、当コミュニティの投稿内容を移行し、一般でも閲覧・投稿が可能な状態にする。
⑤2008年1月11日(金)より、アニメーションの総合ポータルサイト「広島アニメーションシティ」に、投稿エピソードを地図上にマッピングできる機能をもつ「SETOプロジェクト」コーナーを開設、上記ブログのエピソードを移行し、「広島・環瀬戸内海・中国地方をテーマにした作品」の物語データベースとして活用。
●投稿情報の有効活用
⑥将来的には、地域にまつわるあらゆる物語(エピソード)を当サイトで一覧できる状態にして、一般的にウェブ上で公開されているオフィシャル観光情報のメタ情報、すなわち「正規情報」としては提供されない、「○○地域には、こんな隠れた民話がある」「△△饅頭には、こんな開発秘話がある」といった「付加価値情報」としての物語(エピソード)を提供することにより、エンターテイメント性の高い観光情報データベースとして活用できるようしたい。
⑦また、投稿エピソードのあった地域を実際に訪問する「SETOツアー」を随時開催予定。既に2007年8月に第1回目の企画である『芸予諸島「海の路」強行突破ツアー』を実施。旅の模様を携帯電話から写真付きでライブ中継したところ、約40000ページビューの閲覧があった。

【なぜ、「みんなのライトノベルコンテスト」なのか】

●きっかけは、「広島アニメーション文化シンポジウム」
わたくしたちは、2007年3月18日の「広島アニメーション文化シンポジウム※」において、広島、中国地域のアニメ文化を真に活気ある地域文化の一つにまで高めるためには「広島、瀬戸内海、中国地方」というコンセプトを含んだアニメーション作品をつくることが必要であるという結論を若い世代の方々と共有しました。

●「広島アニメーション」をつくる!
「広島アニメーション文化シンポジウム」終了後、わたしたちは、「地域性を踏まえたアニメーションをつくる」という夢を実現する方法や作品のテーマについて考え続けてきました。しかし、アニメーション作品の制作は容易ではありません。わたしたちは、まず、アニメーションの原作を作ることから始めることにしました。そして、原作のあり方として、近年、存在感を高めている「ライトノベル」に注目をしました。

●ライトノベルとは?
現在、国内外から注目されている商業アニメーション作品の多くは、アニメーション単体としてだけでなく、コミックス、ゲーム、ノベル、関連グッズ、情報誌、インターネットなどの複合的なメディアの連関の中で、ファンに愛好されています。そのなかでも、ノベル、すなわち「ライトノベル」と呼ばれるジャンルは、近年、若者を中心に非常に注目されるようになっており、アニメーション作品の原作として用いられるものも多くなっています。
ライトノベルは、個性と魅力に溢れるキャラクターが日常的な世界、あるいは架空の世界で活躍する形式を持ちます。ライトノベル作品の公募を通じて、書き手の方々が、どのような魅力的なキャラクターを産み出し、瀬戸内海(中国地方)という舞台を独自の視点から発掘していただけるか、非常に楽しみです。

●物語データベースの構築「SETOプロジェクト」
ライトノベル作品を公募するにあたり、全国各地にいらっしゃる「書き手(小説家)」の皆さんに対して、地域の文化的資源情報(いわゆるネタ)を提供する目的で、物語データベース「SETOプロジェクト」を立ち上げました。
広島、瀬戸内海、さらにはその背景としての中国地方は、古来より受け継がれる豊穣な物語に満ちた、一種の文化的資源の宝庫である、と言っても過言ではありません。
地域の歴史・地理・人物・産業・民話・建築物・商品、その他個人レベルの「おもしろい・すべらない」エピソードなどを、インターネット上に集積してゆき、それを見た「書き手」の皆さんがインスパイア(触発)されて、これまでにない「地域の新しい物語」が誕生してほしい、と考えております。

●「文化的資源」を「文化的資本」へ
今回、公募によって(ライトノベル)作品を広く募ることで、多くの方々、特に若い世代の方々に、広島、瀬戸内海、中国地方の「文化的資源」を発掘し、再発見、再解釈していただきたい、つまり、新たな視点から「現代の物語」へと変換していただきたいという思いがあります。それによって、「過去の物語の集積」である「文化的資源」は、今を生きる私たちのための物語を紡ぎだす「文化的資本」として新たな文化産業を循環的に創出してゆく基盤となっていくことでしょう。

----------  以上、HPより転載  ----------

「朝霧の巫女」「かみちゅ!」に続く地元アニメの可能性に期待大です。
その前に原作となるライトノベルが集まると良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

今日はwalk

昨日から雪がちらついているのですが、今日はお昼前から空城公園にてウォークに徹しました。
連れはジョキングしたかったみたいですが、何せ寒い。先ほど広島市の気温変化を見ると最高気温が4.3度。昨日の10.5度からの格差にジャージ着て走る気にならないのですよ。

ともあれ、1時間半で8キロ強を消化。最後の周回は足が張ってペースががた落ちだったけど、汗を掻かずに足によい負荷をかけることが出来ました。
下半身はそこそこ鍛えられますが、上半身をどう鍛えていくかが今後の課題ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

雪かよ

今日の出勤帰り、呉の魚見山トンネルに入る前からしろいものがちらちら。トンネル出ると結構降ってくるのだよ、これが。
予報は南部、雪マークなかったぞ。北部の三次や庄原は出てたけど。

今朝、出勤途中の国道の温度計は9℃を示し、今日も暖かくなるなと思っていたのですがねえ。ダウンジャケットでなく厚手のウインドブレーカーにしていたからきつかったなあ。

昼の強風は春一番かと思っていました。潜水艦桟橋前から呉湾見ると白波立っていたのが印象的だったのに。
今もちらちら降っているから明日の朝は・・・

帰宅するとDMが2通。一通は懐かしのソフマップから。来月、ビックカメラ ベスト広島店2階にオープンするとの通知。平成18年5月の閉店以来ですか。上京しても有楽町店がいつの間にビックカメラになっているし、秋葉原も昔から良く寄っていた店にも足を向けることなく、すっかり忘れていました。
以前のポイントは確か閉店前に使用したのでないと思いますが、ゴールドカード、どうしたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

菌が届いた

本日、2月22日、にゃんにゃんにゃんの日に密林で注文していたもやしもん第6巻限定版ぬいぐるみ付が届きました。
もやしもんって、5巻以前は持ってないのですが・・・coldsweats01

入っていたのは6巻とオリゼー、そしてブックカバーにもなるクリアファイルでした。
クリアファイルは自分的に重宝ですね。ブックカバーにするかは、決められないなぁ。

6巻の表紙はあのシーン。背景がトリコロールなのはなんともかんとも。巻底の「目」に見えるのは何なのだろう eye
このTシャツ、販売予定みたいですが、何時なのかな。さやかさんが来てくれれば最高なのですが catface
中身は加筆修正は最低限度ですが、遥フランス編がメインですから文句なしですな。
早期のTVAもやしもんの続編製作に期待大です。

さて、5巻以前はどうするか。明日、アニメイトにいくかw

関係ないけど、「こどものじかん」1巻が出てきた、しかも初版。あれ、これ買ったっけ。まったく失念してました。アニメのDVDは手を出さないけどマンガは続けて見るか。手を出さないと言っても今月発売の3科目(第3巻)はあの、泣かせる話なんだよなぁ。
こりゃ借りてみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

君に胸キュン

大原省の2月16日の業務日誌、その中の掲載された写真に打ち抜かれてしまいました。lovely
以前からプライベートな写真、実家の愛猫catを抱いていたとことか、商業誌では露出しないようなシーンを載せてくれるなんてさやかさん、少し罪作りです。heart

昭和のティーンアイドル全盛の頃、バラエティ番組でアイドルの寝起きを取材するのがありましたが、それらなんかは事務所との繋がりがありましたからね。売り込みの為にマイナスイメージを出さないような構成になっているけど、ファンにとってはたまらない企画ではありました。

それに比べてアイドル声優として売り出していないこともあって、過剰な演出されたシーンは、まあ、たまには雑誌で見受けられますが、素のさやかさんを惜しげもなく露出してくれるとは。goodもう、一生応援していきますです。catface

不眠姫と某管理人が言っていたのはもう過去の話ですかねぇ。
すっぴんなさやかさんを見たいというのは贅沢かなぁ。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

19783km

我が愛車うらら2号ことスズキアドレスV125Gが来週にも2万キロに達しそうですが、今日はその前に整備入庫してきました。1年半で2万キロ、想定のキロ数ですな。

今回はオイル、オイルフィルター、プラグ。そして自賠責の更新(3年)。この自賠責、4月1日以降なら値下がりするのですが、自分の満期は3月6日。4月まで乗らずに置いといて1日から新たに入ることも考えましたが、3年間で2千円強の値下がりですからね。乗れない間、電車通勤費用を考えると割に合わないのでそれはボツ。任意保険は先日手続きしました。
最近、ヘッドライトが暗く感じるので見てもらいましたが、オルタネーターは問題なし。寒さの為にバッテリーが弱くなっているのか、あるいはランプかな。前の時は15千キロ位で換えたフロントブレーキパッドももう少しは持つみたい。ドライブベルトとプーリーの交換を勧められましたが、今回は見送り。出来れば3万キロを目安にしたいなあ。

整備の後、比治山をウォーキング&まんが図書館へ。
さて、帰ろうとすると、エンジンが一発で点火しない。ははぁ、まだプラグが馴染んでないからか。こりゃ今週は燃費を気にせず、プラグを焼く走りをしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月16日 (土)

お久しぶり~

一昨日、PHSの方に大学の後輩から連絡ありまして。週初めにもTELあったのですが、発信元が判らなかったので放置してました。留守電の方の伝言で土曜の追いコンを知り、本日の広経大陸上部の追い出しコンパに参加してきました。

まあ、OBとして神妙に参加していたのですが、急に最後の締めをスピーチすることに。
おいおい、聞いてないよぉ。早めに知らせてくれればより受けるマシなお話できたのに~。

今回は先生方が早めに帰宅されたので、二次会はおかまバーに行こうということになりました。おやおや奇遇ですね。昼間にアキバのニューハーフなメイド喫茶の記事を見たところなのですよ。
少し期待(なにを)して入ったところ、ごくふつーのお店でした。まあ、姿格好でなく会話を楽しむ店みたいでしたから、過度の期待をしていた私は・・・
ふと、叔父貴が運営していたおかまバーを思ってしまいましたよ。

んで、元世界陸上代表含む9名で行ったのですが、そこそこ良い時間帯なのに貸切状態。天下の流川通りも景気回復はまだまだのようで。
この人数ではママさん(笑)一人では対応できないので、助っ人を呼んでました。普段は手伝いに来るのですが、土曜だけお休みするのだとか。
どっかでみたことあることなぁと思いつつ、カラオケに興じている最中に後輩と話していたその助っ人、なんとなんと経大出身というじゃありませんか。お話してみると同期と言うことが判り、当時の思い出話をしているうちに、同じゼミ出身に気づきました。ひぇ~~~
O本くん、すぐに気づかなくてすまん。いやぁ、お互い卒業以来だからねぇ。クラブの方は付き合いあっても学友の方はそれっきりでしたから。
クラブ名だけどボトルキープはしたことだし、また行くことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

第6話「その 素敵な課外授業に…」

大原省の掲示板で賑わせてくれたアリシアさんのお釈迦様みました。
音泉ラジオで言ってましたが製作はProductionI.G新潟ですか。ゲストが広橋さんでなんて偶然なんでしょう。
それにしても大胆な作画ですね。こうインパクトあるとストーリーの方が・・・
いえいえ、そんなに心配することない、原作の表現、言いたかったことが強く心に残った作品でした。
オリジナルなストーリー展開もなかなかですが、原作メインの4話以降の出来は、今回DVD購入する気はなかったのを打ち消すだけの仕上がりなのよ。ちょっと考えちゃうなぁ。

で、今回のアリシアさん。灯里とのスタンスを言葉で表現する(まあ、これは原作通りですが)ひとつひとつの言い回しに心をうごかされますね。ラストの頬を赤くさせるところなんかの演出は見事だなぁ。ここでもエンディングの伏線がちらちらしていると思ったのは気の回しすぎですか。

それと、お釈迦様、ラジオによるとアレはアリシアさんを逸脱していて大原さやかが黒くなってしゃべっている、とは西村ちなみさんの談。漫画の方でちょくちょくみられたコケティシュなアリシアさんがアニメでは優等生でしかなかったですから、こういったのも悪くはないかと。
アフレコ時、カフェのシーンでチョコパフェとフルーツパフェが交互に画面に出ていた(その時点で決定されてなかったとか)らしいのですが、これ、見てみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

走って抜いて

3連休最後の今日は屋内プールにでも泳ぎに行こうかと思ってましたが、友人と近くの公園でトレーニングすることに。
いつもはジョキング&ウォークですが今日はその公園に枯れている芝が生えており、気温も10℃を超えたので、スプリントの練習をしました。そりゃあ、夏には100Mに出場したいですからね。この気温だと足腰に負荷が掛かってもすぐに攣るようなことはありませんから。
約100Mの直線を7本ほど流しました。友人は10本。自分はまだそこまで走れません。だいいちウエイトが78kgから落ちませんから、足への負担が心配ですし、筋トレ全然してないからね。やはりどこかのスポーツジムに通った方がよいのかも。

それでも昨年同時期に比べればはるかに楽に走れるようになってます。
30代で全然練習しなかったのが少し悔やまれますなぁ。

昼からは69回目の献血。3時に血液センターに着いたのですが、今日は珍しく血小板献血が予定数終了してました。400mlでも良かったけど血漿献血になりました。なんか久しぶり。
今回は自宅からDVD「もやしもん」2巻を持参。採血中は特典ディスクを見てました。あれ、食事中に見るものじゃありませんね。好き嫌いのない大原さやかさんがあんなことをするとは、びっくりと言うかやはりと言うか。こちらは気分が悪くはならなかったから気楽なもんですね。

帰りはまずデオデオネバーランドへ。ここは来月にソフマップ跡地に移転するため、一階は13日、2,3階は来週で閉店だとか。某情報系サイトに出ていたアオシマの1/24痛車シリーズ FD3S ハルヒ仕様があるか見に寄ったわけですが、安くはなってませんでした。マイミク某氏、そちらの店で安く出してませんか(笑)。その後これまた今日で閉店するベスト電器広島駅前店に寄りました。5時過ぎて着いたのですが、中はかなり売りまくって開きスペースがかなり。もう閉店準備している部署もありました。
表示価格はヤマダ電機の様に競った価格設定でないので、購入することは少なかったのですが、次に出店するビックカメラが気合入った価格設定してくれると一消費者としてはうれしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

HDDレコーダーの整理

この3連休、土曜日は休日出勤で先月の出費穴埋めをしたわけですが、某氏に比べてはるかに楽な六連戦でも反動は大きく、日曜は自宅でまったりと。
3年前に買ったHDDレコーダーの容量が残り1/5になっていたので久々に整理しました。
まずは見ない作品を消去。もえがく5は結局2日しか見なかったなあ。ケロロ軍曹と精霊の旅人も消しました。 ときめきトゥナイトを完全に焼いてないのでこれは来週だな。
TBSチャンネルで放映した過去のレコード大賞は焼いたけど他の歌番組は消してしまおう。
んで、大原さやかホルダーにためていた作品、女性外来は20本中8本しか録ってないのでコンプするまでそのままですね。ClubAT-X等の顔出し作品をDVDに焼くことに。とは言っても見ると2005年以降のものしか無いじゃないか。そうだ、2004年は友人に売った東芝RD-XS31に録っていたのだった。あせあせ(飛び散る汗) 気持ち的には2003年の頃を録って残して見たかったのですが。
うじうじしててもシャーナイのである分で編集整理。
もう、顔出しに慣れて余裕ぶちかましているさやかさん、今年もアニメ情報番組で顔出しが沢山あるといいですね。


愛知にいた時に録画した魔法先生ネギま!の1話2話が残っていたのには笑ってしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

意外なカタログ届く

Sscan10026 広島東洋カープの商品企画部から今年のグッツカタログが届きました。
昨年、山崎浩司選手の隠し球記念Tシャツを買っただけなのに原価数百円(予想)のカタログを送ってくるとはねぇ。とてもじゃないけど、採算合いそうにないから今年も何か付き合わんといけんかねぇ。

と言うことで早速中身を拝見。
新作や限定品などファンの食指を揺り動かすグッツが豊富に用意されていますねぇ。表紙のギター、限定48本ですか。弾くことは出来ないけど実に興味が。 でも、68000円ですから・・・
裏表紙のエコバック、「おおきゅうなっても カープファン ずっとじゃけぇ」。それだけでも持ち歩きたくなるのは、やっぱ広島っ子じゃけぇかのう。

Sscan10025 昨年より求めやすくなったジーンズとかビンテージTシャツとかお勧め品がありますが、その中でもっとも気に入ったのが、女性専用メガホン。HPに絵がないのでスキャンしたものを載せます(小さく読みにくくてすみません)が、その台詞、なかなか乙でありんす。
こんなメガホン持った彼女となら外野席で応援したいですね。

いろいろ種類も増えたことだし、よし、今年も何か買って応援にいくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

下から上へ

昨年の秋口辺りから台所の流し台の下が妙に湿ってきてまして。
自分は滅多に開けないのですが、母によると年が明けてから水漏れの量が増えているような感じみたい。
今の一体式のキッチンに換えてから十数年経ってますが、そろそろ流し台は交換するようになるかもと。
工事をするようなら自分の夜勤の週を避けて欲しいとの希望が通り、週初めに見てもらったとのこと。心配していた水漏れはパッキンの劣化だったらしく、そこだけの交換で済み、費用も余りかからなかったので安心・・・と言いたかったのですが、なんとなんと、ついでに水道の蛇口を見てもらったついでに交換しちゃったのよと。
ええっ、こちらはまだまだ使えるよとぶつくさ言うと、いい機会だったからとはね。
まあ、見た目はきれいになった、前は白色のプラカバーだったのが今度はステンレスかばー、のでまあいいか。
その蛇口のレバー、前は下げると出るタイプから今度は上げると出るタイプへ。なんでも地震で物が落ちてレバーに当たり、出っ放しになるのを防ぐため、このような方式になったのだとか。確かに会社の工場内の手洗い場、古いところは下げると出るタイプ。新設されたところは上げると出るタイプなので慣れるまで大量に噴出してしまったっけ。
これなら物が落ちてレバーが下がっても水が出る心配はないですね。
なんか妙に納得してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

びびった

今日の昼からは比治山公園にてウォーキングを試みました。
ときおり降ってくる氷雨にマンガ図書館で休憩しながら計1時間弱。 ここはアップダウンがかなりきつく、歩き甲斐がありますね。

その帰り道、市道から国道に出る交差点にて、車の列がかなり長かったので右折レーンを通って信号手前の路地を左折しようとしたところ、パトカーが。
しまった、やってしまった。と大いにひびりましたよ。
すぐにスクーターを止め、パトカーの元へ。幸い、曲がる寸前で止めたため、違反になることなく厳重注意ということで済みました。

いやはや、迂闊だったなぁ。前回切符を切られてから4年近く無事にきたのに。あっそうとはいえないか。2年続けて事故ってますかね。通勤経路の31号線ではかなり無茶な走りをされる方がいますが、流されずに気をつけて走らせようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パスピ~

昨日の話ですが、アニメイトにコードギアスDVDマガジンⅡを買いに行く途中、東急ハンズに寄った所、店頭にてパスピーカードのキャンペーンをしてました。
そうか、ついに広島のバス、市電でもICカードの使用が始まったか。マスコットのPASPYくんがちびっ子相手に営業してました。炎天下でのお仕事でなくてよかったねぇ、なかの人。
早速、パンフもらって検討したのですが、自分的には取得しなくても良いような。今のところ、悪天候時に通勤で乗車する呉市営バスは未採用ですし、ICOKAカードがそのまま使えますから。乗り継ぎ時の割引も今の所その様なケースは無いですし。 ICOKAだと割引が無いくらいか。それとこれはJRで使用できないらしい。

という事で、これ持つよりもSUICAの方が私的には使い勝手が良いかもしんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

はんぎゃく日記第69回

朝から降り始めた冷たい雨に外出する意欲が失せ、今日はネットサーフィンでもするべかと、久々の7時間睡眠を貪った2月最初の休日。
年末年始の大出費の穴埋めの為に頼んでいたバイトも入らず、朝から待ったりしてました。

んで、大原省の掲示板を見ると今回のはんぎゃく日記、ラジオ内オーディオコメンタリーって書いてある。なんのこっちゃと接続してみると、この前発売されたDVDマガジン内のはんぎゃく日記をみながらコメントしているらしい。
うわっ、聞いてないよって、しまった先週の放送まだ聴いてなかった。そうだ先週の土日は夜勤明けからの外出で聞く暇が無かったんだった。DVDマガジンは購入する予定無かったけどなぁ。こりゃまたエグイ商・・・

ということで昼からアニメイトに出向き、購入。ここのポイント溜まってましたからね。年末年始のことがあったので支出は抑えんと。それにしても雪にならなくてよかったなぁ。

夕食後、一風呂浴びて両方を視聴。確かにこりゃ合わせてみんと只の○○○放送だにゃ。まぁ、こういう試みも趣があってよいものかと。
ラジオの冒頭のコメント、スタッフさんよく判ってらっしゃる。っていうか、その切り替えが出来ないようじゃプロでは無いわいなぁ。
それよりも大してゲストを呼んでないのに番組が続くことをもっと評価してほしいかも。まあ、内容はアレですがねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ProjectBLUE 地球SOS 5話

前にAT-Xで録っていたので別に見るまでもなかったのですが、ついつい。彩雲国物語ついでですから。

兼ね役でペニーの母をされていたのですね、気づかなかったなぁ。
ゾンビ兵としてエメリーと戦うシーンがあったのですが、喋んなかったので残念。
会話があれば面白かったのに。
クールなとソフトな、う~ん、いつか聞ける機会があるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »